蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理)

蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理) - パソコン用

バイ Takemasa Takahashi

ダウンロード ⇩




ダウンロード

アプリをダウンロード

蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理) プレビュー

蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理) - 窓用  蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理) - 窓用  蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理) - 窓用  蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理) - 窓用  蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理) - 窓用  

ダウンロードとインストール 蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理) あなたのWindows PCで

あなたのWindowsコンピュータで 蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理) を使用するのは実際にはとても簡単ですが、このプロセスを初めてお使いの場合は、以下の手順に注意する必要があります。 これは、お使いのコンピュータ用のDesktop Appエミュレータをダウンロードしてインストールする必要があるためです。 以下の4つの簡単な手順で、蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理) をコンピュータにダウンロードしてインストールすることができます:


1: Windows用Androidソフトウェアエミュレータをダウンロード

エミュレータの重要性は、あなたのコンピュータにアンドロイド環境をエミュレートまたはイミテーションすることで、アンドロイドを実行する電話を購入することなくPCの快適さからアンドロイドアプリを簡単にインストールして実行できることです。 誰があなたは両方の世界を楽しむことができないと言いますか? まず、スペースの上にある犬の上に作られたエミュレータアプリをダウンロードすることができます。
A. Nox App または
B. Bluestacks App
個人的には、Bluestacksは非常に普及しているので、 "B"オプションをお勧めします。あなたがそれを使ってどんなトレブルに走っても、GoogleやBingで良い解決策を見つけることができます(lol). 


2: Windows PCにソフトウェアエミュレータをインストールする

Bluestacks.exeまたはNox.exeを正常にダウンロードした場合は、コンピュータの「ダウンロード」フォルダまたはダウンロードしたファイルを通常の場所に保存してください。
見つけたらクリックしてアプリケーションをインストールします。 それはあなたのPCでインストールプロセスを開始する必要があります。
[次へ]をクリックして、EULAライセンス契約に同意します。
アプリケーションをインストールするには画面の指示に従ってください。
上記を正しく行うと、ソフトウェアは正常にインストールされます。


3:使用方法 蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理) - Windows PCの場合 - Windows 7/8 / 8.1 / 10

これで、インストールしたエミュレータアプリケーションを開き、検索バーを見つけてください。 今度は 蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理) を検索バーに表示し、[検索]を押します。 あなたは簡単にアプリを表示します。 クリック 蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理)アプリケーションアイコン。 のウィンドウ。 蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理) が開き、エミュレータソフトウェアにそのアプリケーションが表示されます。 インストールボタンを押すと、アプリケーションのダウンロードが開始されます。 今私達はすべて終わった。
次に、「すべてのアプリ」アイコンが表示されます。
をクリックすると、インストールされているすべてのアプリケーションを含むページが表示されます。
あなたは アイコンをクリックします。 それをクリックし、アプリケーションの使用を開始します。



それはあまりにも困難ではないことを望む? それ以上のお問い合わせがある場合は、このページの下部にある[連絡先]リンクから私に連絡してください。 良い一日を!

無料 iTunes上で

Android用のダウンロード

約 蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理)

開発者 説明

文庫やマンガなどの書籍を管理するアプリです。 ありそうでなかった無制限フォルダや、持っていない本を探し易いことが特徴。 シンプルなのに機能は豊富、直感的に使えます。 面倒な入力も最小限。 メモも登録できるので読書管理もOK。 ●WEBで本を検索し、登録されている本には「登録されています」と表示します。 そのため登録されていない本がすぐわかります!! 2度買い防止にも効果抜群です。 ●フォルダを自由に作れます。 制限はありません。 フォルダの中にサブフォルダがいくつでも作れます。 多くの本を持っている人にもお勧め。 本棚のようなものですがより便利に整理できる機能です。 ●本の追加は4通りから選べます。 1) バーコードの読み取り 2) バーコードを手入力 3) WEBで検索 (キーワード) 4) 手入力 ●新刊検索が簡単に行えます。 プッシュによる通知はありません。 設定もありません。 でもなぜか手放せなくなる使い心地。 ●グラフで確認できます。 購入した数と金額、読了した数をグラフで表示します。 年単位や月単位で確認できます。 読書の励みや購入予定の参考に。 ●関連するフォルダを自動で検索します。 本を新しく追加するとき、複雑なフォルダ構成でも自動で関連するフォルダを探します。 あとはその中から選ぶだけ。 思い通りに自由にフォルダをお作りください。 (プレミアムサービスの機能の1つですが、最初の100冊でお試しできます) ●蔵書ランキングで検索ができます。 検索画面に冊数のランキングがついてます。 持っている本での集計です。 「だいたいTOP50」 よく読む著者の検索ならリストから選ぶだけ。 ●本の並び替えは自由自在 19種類もの項目を組み合わせて並び替えができます。 項目の順序などは自由に設定できます。 (フォルダは必ず先頭にきます) ●本には状態やメモが入力できます。 状態は以下が設定できます。  購入予定・未読・既読など 自由に文字も入力できます。 「続きを購入」など 状態やメモは、検索もできます。 ●「この著者名でフォルダを作成」機能 1冊でも登録すれば文字を入力することなくフォルダが作成できます。 ●バックアップ・リストア DropBoxにCSV形式でデータを保管します。 機種移行時などにもお使いいただけます。 ●楽天ブックス書籍検索を使っています。 検索ででてこない場合は手動入力可能です。 次に読む本を探す参考に。あの著者で読んでいない本は?などいろいろ使えます。


keyboard_arrow_up