ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜

ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜 - パソコン用

バイ Kazuhiko Oda

ダウンロード ⇩




ダウンロード

アプリをダウンロード
{{----}}

ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜 プレビュー

ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜 - 窓用  ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜 - 窓用  ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜 - 窓用  ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜 - 窓用  ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜 - 窓用  ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜 - 窓用  ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜 - 窓用  

ダウンロードとインストール ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜 あなたのWindows PCで

あなたのWindowsコンピュータで ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜 を使用するのは実際にはとても簡単ですが、このプロセスを初めてお使いの場合は、以下の手順に注意する必要があります。 これは、お使いのコンピュータ用のDesktop Appエミュレータをダウンロードしてインストールする必要があるためです。 以下の4つの簡単な手順で、ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜 をコンピュータにダウンロードしてインストールすることができます:


1: Windows用Androidソフトウェアエミュレータをダウンロード

エミュレータの重要性は、あなたのコンピュータにアンドロイド環境をエミュレートまたはイミテーションすることで、アンドロイドを実行する電話を購入することなくPCの快適さからアンドロイドアプリを簡単にインストールして実行できることです。 誰があなたは両方の世界を楽しむことができないと言いますか? まず、スペースの上にある犬の上に作られたエミュレータアプリをダウンロードすることができます。
A. Nox App または
B. Bluestacks App
個人的には、Bluestacksは非常に普及しているので、 "B"オプションをお勧めします。あなたがそれを使ってどんなトレブルに走っても、GoogleやBingで良い解決策を見つけることができます(lol). 


2: Windows PCにソフトウェアエミュレータをインストールする

Bluestacks.exeまたはNox.exeを正常にダウンロードした場合は、コンピュータの「ダウンロード」フォルダまたはダウンロードしたファイルを通常の場所に保存してください。
見つけたらクリックしてアプリケーションをインストールします。 それはあなたのPCでインストールプロセスを開始する必要があります。
[次へ]をクリックして、EULAライセンス契約に同意します。
アプリケーションをインストールするには画面の指示に従ってください。
上記を正しく行うと、ソフトウェアは正常にインストールされます。


3:使用方法 ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜 - Windows PCの場合 - Windows 7/8 / 8.1 / 10

これで、インストールしたエミュレータアプリケーションを開き、検索バーを見つけてください。 今度は ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜 を検索バーに表示し、[検索]を押します。 あなたは簡単にアプリを表示します。 クリック ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜アプリケーションアイコン。 のウィンドウ。 ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜 が開き、エミュレータソフトウェアにそのアプリケーションが表示されます。 インストールボタンを押すと、アプリケーションのダウンロードが開始されます。 今私達はすべて終わった。
次に、「すべてのアプリ」アイコンが表示されます。
をクリックすると、インストールされているすべてのアプリケーションを含むページが表示されます。
あなたは アイコンをクリックします。 それをクリックし、アプリケーションの使用を開始します。



それはあまりにも困難ではないことを望む? それ以上のお問い合わせがある場合は、このページの下部にある[連絡先]リンクから私に連絡してください。 良い一日を!

無料 iTunes上で

Android用のダウンロード

約 ルートヒストリー 〜GPSロガーアプリ〜

開発者 説明

「ルートヒストリー」はGPSロガーアプリです。 移動した経路を表示することに特化していて、過去全ての記録したGPSログを一度に表示することができます。 ドライブ、旅行、ランニングなど様々なシーンでご活用いただけます。 標準でGPXファイルへの出力に対応しています。 一度ログの記録を開始したら、別のアプリを使用したり、画面をロックした状態でもログの記録が行えます。 《機能》 ・GPSログの記録 ・ログへのウェイポイントの設定 ・記録の一時停止 ・既存ログへの追記 ・ログの表示 ・GPXファイルへの出力 ・GPXファイルのインポート ・全てのログを一括表示 ・指定した条件のログを一括表示 ・ログの削除 ・iCloudによるデータの同期 ・ログ記録画面上に過去ログを表示しながらの記録 ・kmとmiの表記に対応 ・バックアップ機能 ・ログ結合機能(リワード広告の視聴が必要) iCloud同期機能は設定を有効にすることで利用できます。 またiCloud同期機能はiOS 13以上で使用できます。 インポートできるGPXファイルは基本的に当アプリから出力したGPXファイルですが、当アプリと同じ構成のGPXファイルであれば別のアプリ等で作成したGPXファイルもインポート可能です。 アプリ起動画面左上の本マークをタップするとアプリ説明ページが開きます。 (URL:https://www.ateow.com/?page_id=111) 《プレミアム機能》 ・複数のログを選択して表示   - 複数のログを選択し表示することができます。   - 選択したログごとに表示する色を変えることができます。 ・記録したルートの再生   - ある地点の位置を記録した時刻、距離、経過時間など細かい情報が表示可能 ・ログの一部の範囲を指定して表示   - 指定した範囲をGPXファイルへ出力 ・広告非表示 プレミアム機能の購入は設定画面から行ってください。 一度の購入で無制限に使用できます。 ※価格は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。 開発者Twitter:@kazuhiko2019 よくある質問 Q. GPXファイルが一部アプリケーションで読み込めない A. GPXファイル出力時に「GPX Export」を選択して出力したファイルでお試し下さい。 ※注意事項 ログ記録にはiPhone内臓のGPSを利用するため、ログ記録中は消費電力が高くなります。 GPS信号の受信状況によっては正しく位置を記録できない場合があります。 (建物内、トンネルなどGPS信号の受信が困難または不可能な場合) 歩きながら、運転しながらの操作は大変危険ですのでおやめください。 当アプリを使用したことにより生じた損害について開発者は一切の責任を負いません。

アプリ レビュー

  • バイ まなせん
    4

    細かい正確率(感覚)は約90%

    先日、朝8時頃から夕方6時頃まで利用しました。エリアは都心部から山の麓にかけて。 この日の移動は全て鉄道で行いました。 所々、記録が直線になる(山、都市部共に)ことはありますが往復で通ったところは1度は正確なルートを記録していました。 地図を拡大すれば少しズレていることはありますが、かなりの高精度だと思います。 このズレはGPSが取得する位置情報の誤差の範囲だと思います。 一部直線があったため正確率約90%とタイトル表記しましたが、1日使った感想としてはとても優秀なアプリであると思いました。 最後に充電の消費について。 使用した端末が購入時に比べ75%近くのパフォーマンスしか無いため(iPhone8)、使用から5時間程度で30%まで消費しました。 バッテリー90%のパフォーマンスを持っていれば夕方まで使用できるかと思いますが、このアプリを起動しスリープ状態にすることをオススメします。 同端末で他のアプリと並行して使用すると充電消耗が激しくなるので注意してください。


  • バイ try32
    5

    これから使います!

    これまで使用していたロガーがなくなったので代わるものを探していたところいいものに出会いました。 シンプルで使いやすいかと思います。 さらなる機能としての要望なのですが ・記録中にヘディングアップ ・インポート機能はiTunesで一括で出来るように ・記録中に今までの全ての記録ルートを表示 ・記録中はスタンバイにならないように 勝手ながらたくさん書かせていただきましたがお時間のある時に検討していただけると幸いです。 これからのアクティビティの記録に役立てたいと思います。


  • バイ えこどらいぶ
    5

    時間経過のログは見られないですか?

    新米トラック運転手です。 初歩的な質問ですが、ルートの記録で、何時にどの地点を通過したか確認する機能はありますか? ログの途中の任意のA地点→B地点まで何分かかったのか、後から確認する方法があれば教えて下さい。


  • バイ しつちよー。
    4

    アプリを閉じても動作してほしい。

    アプリを閉じた状態でも、動作してくれるともっと助かります。 マルチタスク状態にして、うっかり閉じてしまい、記録が途絶えちゃうのがどうしても気にかかっているので…。



keyboard_arrow_up