charging play

charging play - パソコン用

バイ 煌 张

ダウンロード ⇩




ダウンロード

アプリをダウンロード

charging play プレビュー

charging play - 窓用  charging play - 窓用  charging play - 窓用  charging play - 窓用  

ダウンロードとインストール charging play あなたのWindows PCで

あなたのWindowsコンピュータで charging play を使用するのは実際にはとても簡単ですが、このプロセスを初めてお使いの場合は、以下の手順に注意する必要があります。 これは、お使いのコンピュータ用のDesktop Appエミュレータをダウンロードしてインストールする必要があるためです。 以下の4つの簡単な手順で、charging play をコンピュータにダウンロードしてインストールすることができます:


1: Windows用Androidソフトウェアエミュレータをダウンロード

エミュレータの重要性は、あなたのコンピュータにアンドロイド環境をエミュレートまたはイミテーションすることで、アンドロイドを実行する電話を購入することなくPCの快適さからアンドロイドアプリを簡単にインストールして実行できることです。 誰があなたは両方の世界を楽しむことができないと言いますか? まず、スペースの上にある犬の上に作られたエミュレータアプリをダウンロードすることができます。
A. Nox App または
B. Bluestacks App
個人的には、Bluestacksは非常に普及しているので、 "B"オプションをお勧めします。あなたがそれを使ってどんなトレブルに走っても、GoogleやBingで良い解決策を見つけることができます(lol). 


2: Windows PCにソフトウェアエミュレータをインストールする

Bluestacks.exeまたはNox.exeを正常にダウンロードした場合は、コンピュータの「ダウンロード」フォルダまたはダウンロードしたファイルを通常の場所に保存してください。
見つけたらクリックしてアプリケーションをインストールします。 それはあなたのPCでインストールプロセスを開始する必要があります。
[次へ]をクリックして、EULAライセンス契約に同意します。
アプリケーションをインストールするには画面の指示に従ってください。
上記を正しく行うと、ソフトウェアは正常にインストールされます。


3:使用方法 charging play - Windows PCの場合 - Windows 7/8 / 8.1 / 10

これで、インストールしたエミュレータアプリケーションを開き、検索バーを見つけてください。 今度は charging play を検索バーに表示し、[検索]を押します。 あなたは簡単にアプリを表示します。 クリック charging playアプリケーションアイコン。 のウィンドウ。 charging play が開き、エミュレータソフトウェアにそのアプリケーションが表示されます。 インストールボタンを押すと、アプリケーションのダウンロードが開始されます。 今私達はすべて終わった。
次に、「すべてのアプリ」アイコンが表示されます。
をクリックすると、インストールされているすべてのアプリケーションを含むページが表示されます。
あなたは アイコンをクリックします。 それをクリックし、アプリケーションの使用を開始します。



それはあまりにも困難ではないことを望む? それ以上のお問い合わせがある場合は、このページの下部にある[連絡先]リンクから私に連絡してください。 良い一日を!

無料 iTunes上で

Android用のダウンロード

約 charging play

開発者 説明

IOS 14のショートカットコマンドに合わせて自動化された充電動画ソフトは、携帯電話がデータ線を接続したり、無線充電パネルを置いたりすると、プログラムが自動的に起動し、充電動画が表示されます。データ線を抜いたり、無線充電パネルから移動したりすると、プログラムが自動的に終了し、便利で実用的です。
プログラムはあなたの充電データに基づいて自動的に充電の割合が小さいデータを較正します。自動的に校正を勉強します。このソフトウェアはIOS 14のショートカット命令に合わせて自動化してこそ、完璧な体験ができます。配置プロセスに従って設定してください。低バージョンのシステムをショートカットセンターに追加して、手動で充電動画を起動してください。

アプリ レビュー

  • バイ 吃没胃口jsn
    1

    就那样

    在国外根本开不起来广告



keyboard_arrow_up