OsiriX HD

OsiriX HD - パソコン用

バイ Pixmeo SARL


  • カテゴリ: Medical
  • 最終更新日: 2018-11-08
  • 現在のバージョン: 4.3
  • ファイルサイズ: 25.22 MB
  • 開発者: Pixmeo SARL

OsiriX HD プレビュー

ダウンロードとインストール OsiriX HD あなたのWindows PCで

あなたのWindowsコンピュータで OsiriX HD を使用するのは実際にはとても簡単ですが、このプロセスを初めてお使いの場合は、以下の手順に注意する必要があります。 これは、お使いのコンピュータ用のDesktop Appエミュレータをダウンロードしてインストールする必要があるためです。 以下の4つの簡単な手順で、OsiriX HD をコンピュータにダウンロードしてインストールすることができます:


1: Windows用Androidソフトウェアエミュレータをダウンロード

エミュレータの重要性は、あなたのコンピュータにアンドロイド環境をエミュレートまたはイミテーションすることで、アンドロイドを実行する電話を購入することなくPCの快適さからアンドロイドアプリを簡単にインストールして実行できることです。 誰があなたは両方の世界を楽しむことができないと言いますか? まず、スペースの上にある犬の上に作られたエミュレータアプリをダウンロードすることができます。
A. Nox App または
B. Bluestacks App
個人的には、Bluestacksは非常に普及しているので、 "B"オプションをお勧めします。あなたがそれを使ってどんなトレブルに走っても、GoogleやBingで良い解決策を見つけることができます(lol). 


2: Windows PCにソフトウェアエミュレータをインストールする

Bluestacks.exeまたはNox.exeを正常にダウンロードした場合は、コンピュータの「ダウンロード」フォルダまたはダウンロードしたファイルを通常の場所に保存してください。
見つけたらクリックしてアプリケーションをインストールします。 それはあなたのPCでインストールプロセスを開始する必要があります。
[次へ]をクリックして、EULAライセンス契約に同意します。
アプリケーションをインストールするには画面の指示に従ってください。
上記を正しく行うと、ソフトウェアは正常にインストールされます。


3:使用方法 OsiriX HD - Windows PCの場合 - Windows 7/8 / 8.1 / 10

これで、インストールしたエミュレータアプリケーションを開き、検索バーを見つけてください。 今度は OsiriX HD を検索バーに表示し、[検索]を押します。 あなたは簡単にアプリを表示します。 クリック OsiriX HD アプリケーションアイコン。 のウィンドウ。 OsiriX HD が開き、エミュレータソフトウェアにそのアプリケーションが表示されます。 インストールボタンを押すと、アプリケーションのダウンロードが開始されます。 今私達はすべて終わった。
次に、「すべてのアプリ」アイコンが表示されます。
をクリックすると、インストールされているすべてのアプリケーションを含むページが表示されます。
あなたは OsiriX HD アイコンをクリックします。 それをクリックし、アプリケーションの使用を開始します。


ダウンロード Android / Iphone

アプリをダウンロード
それはあまりにも困難ではないことを望む? それ以上のお問い合わせがある場合は、このページの下部にある[連絡先]リンクから私に連絡してください。 良い一日を!

約 OsiriX HD

開発者 説明

OsiriX HD is a full DICOM image viewer for iOS (DICOM Files & DICOM Network protocol support). ● Awards ● - Aunt Minnie's 2013 - "Best Radiology Mobile App” - Mobie Awards 2009: Winner - Best Medical App - RSNA 2008: Excellence in Design - RSNA 2008: Certificate of Merit "OsiriX HD" is a DICOM software for iOS: DICOM is the digital standard for storing and transferring medical images. OsiriX HD allows downloading and manipulating series of images directly on your iOS device. OsiriX HD is capable of displaying images from all imaging modalities (ultrasound, CT scanner, MRI, PET, etc.) in their native standard DICOM format used by the medical/scientific industry. OsiriX HD is a fully DICOM-compliant listener that can receive images from any DICOM imaging device through WiFi/3G networks. It supports these DICOM Network protocols: C-STORE SCP, C-MOVE SCU, C-FIND SCU, C-GET SCU, WADO. This iOS app is designed to work seamlessly with any DICOM compatible software, including PACS, medical workstations, acquisition modalities. It also supports communications through the iOS built-in VPN for secure and encrypted connections. OsiriX HD provides fast interactive image manipulation tools such as zoom, pan, cine and contrast adjustment of images through the multipoint touch screen interface. The convenience of being able to access DICOM images remotely added to the fact that images can be previewed on the iPhone/iPad screen in a very effective and convenient way offers a new perspective for mobile teleradiology. This iOS application can also be used as a helper application for other iOS applications: it allows to read DICOM datasets received by emails or in Safari, or to visualize DICOM datasets stored in DropBox folder, for example. It also supports a built-in URL scheme protocol (osirix://) for easy integration in RIS, HIS, or PACS environment. ● Key features ● - Display and browsing through large sets of images through an interactive slider - Zoom and Pan and rotation of the images - Contrast and intensity adjustment of image window and level - Measurement of object sizes using a line measurement tool that can be set and adjusted - Measurement of image content data using a circular region of interest tool that can be drawn and moved - Multiplanar Reconstruction (MPR) - DICOM compliant Listener (C-STORE SCP) - DICOM Query and Retrieve (C-FIND SCU, C-GET SCU, C-MOVE SCU, WADO) - JPEG2000/JPEG DICOM support - Preference settings for user DICOM communications ● Requirements ● - Access to a DICOM source of images (PACS, DICOM-compatible software) through WiFi/3G network ● Limitations ● - Images are limited to 1536x1536 pixels, bigger images are down-sampled. - Not suitable for primary diagnosis. ● Manual ● The complete manual and technical specifications are available here: http://www.osirix-viewer.com/Manual/ ● Scientific References ● Handheld Device Review of Abdominal CT for the Evaluation of Acute Appendicitis. Choudhri AF, Carr TM 3rd, Ho CP, Stone JR, Gay SB, Lambert DL. J Digit Imaging. 2011 Dec 7. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22146833 Initial experience with a handheld device digital imaging and communications in medicine viewer: OsiriX mobile on the iPhone. Choudhri AF, Radvany MG. J Digit Imaging. 2011 Apr;24(2):184-9. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20567992



¥6,000 iTunes上で

Android用のダウンロード

アプリ レビュー

  • iPad mini

    2
    バイ 画像王
    iPad miniでバグがおおすぎます。 改善を期待してます。
  • まだ改良の余地あり

    4
    バイ ブラックエクワイン
    患者名を日本語表記に早く出来るようになりますように。パソコン用のソフトは出来ますが、ipadは患者毎に整理出来ません。一度写真に保存しないとメールで送れません。早くバージョンアップされると更に良くなると思います。
  • インデックスが作れない

    1
    バイ kanazawa tarot
    dicomデータのファイル名が長いとデータベースに転送後、「....のインデックスを作成中」と出てフリーズしてしまう。mac OsiriXで匿名化やpacsサーバー上で患者名を変更し、ファイル名を短かくすると受信可能です。当院のpacsサーバーは患者名は「Nihon Tarou=日本 太郎=ニホン タロウ 」としていますが、mac OsiriXでpacsサーバーからのリトリーブではdicomメタデータで確認すると21文字までで切れてしまいますが、リトリーブ可能です OsiriX HDではこのままでは上記ようにフリーズとなります。サーバー上の患者名は現実的に変更出来ませんので現実的にはmac OsiriXでの加工が必要です。直接pacsサーバーにアクセス出来るのに、クエリーではリストに文字化けするも表示されるのにリトリーブ出来ないのは残念です。至急改善を御願いします。ヘルプのメールアドレスに連絡するも返答ありません。無償のmac OsiriXがサポート無いのは解りますが、有償 Appでは何がしかのサポートが出来れば欲しいです。
  • 起動できなくなった

    1
    バイ さらくま
    Retinaディスプレイに対応したと信じてアップデートしたら、起動できなくなった。これでは使えない。
  • データが消える

    1
    バイ 1jo
    起動できない Cannot boot 役立たず Waste money
  • 新しいiPadでは、どうだろうか

    5
    バイ 憲法九条を守らせる
    新しいiPadで、画像飛躍的によくなるだろうか。
  • ハンディ

    5
    バイ demotu
    iOSマシンのパワーを考えると、Mac版に比べて大幅な機能制限は止むを得ない。簡易ビュアーと割り切るべきだろう。
  • 開けず

    1
    バイ Edy we are
    dicomデータを圧縮して転送したが「unzipping…」のあと 「…のインデックスを作成中…」と出てフリーズする。 見ることができずサポートにメールを入れるも 全くレスポンスなし。
  • これはひどい

    1
    バイ 云々
    以前iPhone版を購入したのに、それが利用できなくなっており、今度はOsirix HDを買えとは。iOS版には別段大した機能もない癖に、他のアプリに比べても割高な価格で二重課金とは、ほんと笑わせてくれる。MacBook Airにでも本物のOsirix入れて持ち運んだ方が百億倍は有用だろう。こんなゴミに2600円など支払う価値はない。
  • 画像が転送できない

    1
    バイ RT USER
    USBを用いてitune経由でDICOM画像を転送しても、調子よく転送できる場合もあるが、転送できない場合が多い、またソフト自体が起動しなくなることも多く、再インストールを何度も繰り返したが、改善されない。3,500円損したような気分です。。